診療内容詳細

総入れ歯

■ 総入れ歯とは


 歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。

保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。




■ 保険の総入れ歯


 プラスチックでできています。
プラスチックの入れ歯は分厚くなりやすく、しゃべりにくかったり、違和感が強かったりすることがありますが、治療費が安い修理がしやすいといったメリットもあります。
 約1万円(3割負担)で作ることができます(上下どちらか片方)。



falsetooth01.jpg




■ 金属床義歯  <保険適応外>


 床(粘膜にあたる部分)が金属で出来ている総入れ歯です。


falsetooth02.jpg



利点


薄くできる(保険の3分の1の厚み)ので違和感が少ない
・食べ物の温度を感じることができ、味わいやすい
・変形がなく、割れにくい
汚れがつきにくい


欠点


・金属部分の修理が難しい
裏打ちを行うと分厚くなり金属床のメリットが失われれる



価格        コバルトクロム床義歯・・・18万円 

      (※選定療養費制度で 約14〜15万

   

         チタン床義歯   ・・・20万円

      ※選定療養費制度で 約16〜17万

     

       ※選定療養費制度については下記へ



img_denture05.jpg



■ 選定療養費制度について


 当院では患者さまの費用負担を減らすため、選定療養費制度を扱っております。
 選定療養費とは、保険外治療でも、特定の治療においては患者負担額を減額できる医療サービスです。
 歯科であれば金属床総義歯の作成はこの制度の適応になります。
 当院では金属床義歯の費用はコバルト床で通常16万円ですが、この制度を利用すると保険の義歯作成費用(約3〜4万円)が差し引かれて、12〜13万円の患者負担で作成可能になります。


金属床(コバルト)16万円 → 12〜13万円


 健康保険に加入の方であればどなたもご利用可能です。患者さんの手続きは不要ですし、患者負担も安くできるので、当院では金属床総義歯を作成の際にはこの制度を積極的に利用しています。



■磁石式入れ歯(マグネット義歯) <保険適応外>


 磁石式入れ歯(マグネット義歯)は、入れ歯の土台となる歯根に「磁性金属(キーパー)」を取り付け、入れ歯側に「超小型磁石」を埋め込んだ入れ歯です。この2つの磁石の吸引力で入れ歯を吸着させることができます。入れ歯が外れやすいとお困りの方にオススメです。



thumb-430x215-1719.jpg





また、歯の無い方は、インプラント手術を行い、インプラントに磁性金属をつけることで、お使いの入れ歯を磁石式入れ歯にすることができます。


magnet_d01.gifmagnet_d01-1.gif




地域に信頼されてもうすぐ100年|武井歯科医院

〒400-0032 山梨県甲府市中央5-2-10
TEL:055-233-4559

診療時間

時間/曜日 
9:00〜12:30
×
14:00〜18:00 × × ×

休診日

水曜午後、土曜午後、日曜祝祭日

ご予約

TEL:055-233-4559

FAX:055-237-7494

PAGE TOP ▲