診療内容詳細

インプラント

インプラントってなに?


 インプラント(歯科インプラント)は「人工歯根」といわれています。

歯を失った場合に、顎の骨にインプラントを埋めてその上に歯を被せる、または入れ歯の支えにするなどといった治療を行います。



img_implant_01.png

img1.jpg

インプラントの利点


・自分の歯と同じような感覚で食べ物が噛める
周囲の歯を削らずに治療ができる
・周囲の歯の負担を減らすことができる
骨が痩せるのを予防できる


インプラントの欠点


治療期間が長くなる
・自由診療のため費用がかかる
・重度の全身疾患や、骨の状態によっては治療ができないことがある
・治療後のメインテナンスが悪いと、炎症を起こしてインプラントが抜けてしまうことがある


■インプラント治療の流れ


STEP1:検査と治療計画


 失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の状態により治療法には様々な選択肢があります。
 お口の中の診察はもちろん、顎の模型の作成やレントゲンやCTを用いて治療方針を決めていきます。

 


STEP2:一次手術


 歯茎を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。骨を削るというと怖いイメージかもしれませんが、麻酔を使用しますのでほとんど痛みを感じることはありません。



02.jpg

STEP3:治癒期間

 インプラントが顎の骨としっかり結合するまで約2~6か月待ちます。



STEP4:二次手術

 埋めていたインプンラントの頭を露出させて土台が入る状態にします。



04.jpg

 


STEP5:人工の歯を装着


 歯茎が治った時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。この上部構造は、様々な素材のものがありますのでよく相談して決めましょう。


05.jpg




当院のインプラント治療の費用

 

インプラント手術費用:17万円        

上部構造(被せ物):6〜8万円    Total2325万円

被せ物の種類によって費用が変わります。 



当院で使用しているインプラント


当院では20年前からストローマンインプラントを使用しています。



ストローマンインプラントを使用する理由としては、


①手術後の長期にわたる安定性が多くの研究により報告されている


 2012年にスイスのベルン大学教授であるD.Buser511本のストローマンインプラントの10年生存率が98,8%という高い水準であったと報告しています。


②ストローマン社の徹底した学術主義


 発表されるデータは、非営利団体 ITI学会というインプラントの権威ある学会から提出されているということです。ストローマン社にとって有利とか不利だとか関係ない、使っている歯科医師たちの中立のデータが豊富なのです。比べて他社のデータはメーカー側から提出されたもので、商業的都合も考えられます。


実績がある

 ストローマンは現在、世界シェアNO.1であり、50年以上にわたるインプラント研究の積み重ねがあり、インプラント歯科学のグローバルリーダーとしての実績は申し分ないと思います。



地域に信頼されてもうすぐ100年|武井歯科医院

〒400-0032 山梨県甲府市中央5-2-10
TEL:055-233-4559

診療時間

時間/曜日 
9:00〜12:30
×
14:00〜18:00 × × ×

休診日

水曜午後、土曜午後、日曜祝祭日

ご予約

TEL:055-233-4559

FAX:055-237-7494

PAGE TOP ▲